« さまざまへのリンク記事 | トップページ | ウェブマスターツール »

2014年5月20日 (火)

.Net Frameworkのアップデートエラー(WindowsUpdateのアップデート失敗)

自分のPC使用環境 Windows7

今年の3月頭頃、WindowsUpdateが掛かりました。いつもだと普通にアップデートしておしまい、なのですが、どういう訳かこれが何度やっても失敗。再起動掛ける度に出てくるし、指示に従ってやっても失敗するので困り果てておりました。

正確には「Microsoft .NET Framework 4.5.1 (KB2858728)がWindowsUpdateでインストールできない」というエラーです。
こちらのサイトさんを参考にやってみましたがやはり駄目。でも自分の場合はディスク領域不足ではなく、「このコンピューターには利用できる Windows インストーラー サービスがないため、セットアップは実行できません。」というダイアログが出て先に進まないというパターンでした。

色々調べて、どうやら自分のPCには.Net Frameworkの4が入っているというところまでは判明したのですが、何故インストーラー サービスがないというエラーが出るのかは謎のまま。結局この3月の時点では「WindowsUpdateの重要な更新でも、その更新を選択した状態で右クリックすることによって非表示にでき、失敗した場合は何度もそのUpdateのお知らせを出さずに済む」という方法でWindowsUpdate自体はその場凌ぎをして、そのまま忘れておりました。

ところが、最近使おうと落とした幾つかのソフトと、何よりメインPCでメインとして使っているTwitterクライアントのOpenTweenの最新版が.Net Frameworkの最新版を使用します、とのことで再度4.5.1へのアップデートが必要になりました。

公式からインストーラを落として試すもやはり同じ「このコンピューターには利用できる Windows インストーラー サービスがないため、セットアップは実行できません。」のエラー。こりゃどうしたもんかと色々調べていて漸く解決しました。

こちら、公式サイトです。とても判りづらいのですが、解決方法のところに3つ程書いてあり、自分の場合はこれの方法1:インストーラー サービスのレジストリ設定をリセットします をやったところインストーラが動くようになりました。それぞれの左側の+をクリックすると詳細が出ます。1から順に試してみるといいと思います。というか、なんでこれデフォルトで閉じているんだろう…開いておいてくれたらいいのに。

このなんだか長ったらしいメモ帳を.regファイルとして保存し、実行することでインストーラー サービスがリセットされ、おかしくなっていた部分が直った様でした。レジストリ設定のリセットとのことで本当に触ってしまって大丈夫だろうかと心配でしたが、そもそもアップデートできないのなら意味がなく、もしおかしくなってもまた公式から落とせばいいや、とやってみたのが功を奏しました。

これ、結構あちこちで質問されているのですがここの公式に誘導しているサイトが余り見つからず、自分も難儀しましたので同じエラーが出て困っている方があれば、というメモ代わりに記事にしておきます。

|

« さまざまへのリンク記事 | トップページ | ウェブマスターツール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5927/59675258

この記事へのトラックバック一覧です: .Net Frameworkのアップデートエラー(WindowsUpdateのアップデート失敗):

« さまざまへのリンク記事 | トップページ | ウェブマスターツール »