« 【ゲームレポート】vol.24 イカサマージ! | トップページ | 【ゲームレポート】vol.26 黒猫タロット »

2012年3月20日 (火)

【ゲームレポート】vol.25 SKIP BO(スキップボー)

メモ:プレイ日→2012.03.18
Img_02942
※いつもは画像サイズ以外は調整せず画像を上げるのですが、今回は説明が若干ややこしい為に画像に説明を入れています。説明の文字やら矢印やらが灰色で判りづらいので、画像をクリックして元の大きさで見てもらうと判り易いかと思います。
(この画像だとビルディングパイルは山札の四辺に置いてありますが、正式には四辺ではなく四つ角に置くのが正しいようです。それと、ストックパイル(積み札)はディスカードパイルと区別し易い様に横向きに置くのが正式のようですが、横向きに置くと6と9などパッと見判りづらいものもある為、我が家では敢えて同じ向きに向けてプレイしています。)

遂に初代所持ゲームのレポートが書ける日がやってきました。ついつい初代のゲームは何度もやったからと実家には持って行かず、新しいものばかりテストプレイで持って行ってしまうのですが、初代ゲーム達は今現在レポートをネットで探しても廃盤になってしまっていることもあり中々見付からない為、それならば自分で、と思っていたのでした。

そんな訳で初代所持ゲームのひとつ、SKIP BOです。UNOが爆発的に流行った90年代に、当時UNOを出していたTOMYがUNOの姉妹品(?)として幾つかカードゲームを出しており、その内のひとつです。現在TOMY自体ありませんので入手するのは難しいかと思います。因みに同時に出されていたものに「O'NO99」や「Mille Bones(1000マイルレースゲーム)」「水道管ゲーム」等があります。
※追記:Amazonで調べたら僅かですが在庫があるお店もある様です。こちらから。2012/03/20現在なので在庫切れになっていたらすみません。そしてTOMY版ではないのでデザインも画像とは異なります。

カードは1~12までのカードと、SKIP BOカードがあります。SKIP BOカードはオールマイティです。
後、特徴的なのはこのゲームはチーム戦です。4人でプレイしましたが(6人、8人、10人までできます)、向かい合わせの人がチームを組んで戦います。最終的な目的は、チーム全員のストックパイル(積み札)をなくすことです。全員の積み札を早くなくしたチームが勝ちです。

まずは全員に10枚ずつのストックパイル(積み札)を配ります。これは見てはいけません。見ずにひとつの山にまとめて自分の前に裏にして置いておきます。
その後、5枚ずつの手札を配ります。これは手札なので見ても大丈夫です。

残りのカードを中央に山札として置いてゲーム開始です。最初に、それぞれの積み札の一番上の1枚だけ表にします。
自分の手番の最初に山札からカードを引いて手札を5枚にします。最初の手番では既に5枚なのでそのままプレイします。
そして手札を使い、山札の脇に1から昇順にカードを出してゆきます(ビルディングパイル)。先述の通り目的は積み札をなくすことですので、上手いこと手札を駆使してビルディングパイルの数字を上げてゆき、積み札が出せる様になったら積み札を出します。1枚出せたらその下のカードを表にします。

ビルディングパイルは4ヶ所作れます。手札からも何も出せなくなったら自分の積み札の脇に1枚カードを出して(ディスカードパイル)手番終了です。ディスカードパイルも4ヶ所迄出せ、それ以上になる場合はどれかのカードの上に重ねます。
ディスカードパイルはチーム共有になります。積み札は本人しか出せませんが、自分の手札とディスカードパイルを使っても積み札が出せない時でも、チームのディスカードパイルを利用すれば出せる場合はチームのディスカードパイルを使うことができます。

こうして順に手番をこなしてゆき、チーム全員の積み札がなくなったチームの勝利となります。勝利したチームは敗北したチームの積み札の合計が得点、敗北したチームはチーム全員の残り積み札の合計がマイナス点になります。
SKIP BOカードはどの数字にも使えて大変便利ですが、敗北した際に積み札の中に入っているとそれ1枚でマイナス30点になるという恐ろしいカードでもあります。

こうして説明すると若干ややこしく感じますが、実際はかなり直感的にできてとても楽しめるゲームです。両親でもすんなりプレイでき、父に至ってはいたく気に入って何度もやりたがる位でした。
最初は素直に自分達の積み札をなくすことに力を注いで勝ち続け、その内相手の積み札を出させるのを潰し始めて逆に負けが込むのもいつものパターン。これは相手を邪魔するよりも自分達の積み札をなくすことに全力を注いだ方が勝率が高い気がします。

このゲームが現在では入手困難でどこのメーカーもリニューアルしていないというのは余りに勿体無いと個人的には思っています。同人ゲームを作るだけの力量があったらテーマを変えてリニューアルしたいくらいです。

☆結果:初日→母/自分チーム46点、父/相方チーム△46点
     2日目→母/自分チーム△132点、父/相方チーム132点

|

« 【ゲームレポート】vol.24 イカサマージ! | トップページ | 【ゲームレポート】vol.26 黒猫タロット »

【ゲームレポート】」カテゴリの記事

カードゲーム・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5927/54265337

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲームレポート】vol.25 SKIP BO(スキップボー):

« 【ゲームレポート】vol.24 イカサマージ! | トップページ | 【ゲームレポート】vol.26 黒猫タロット »