« 【ゲームレポート】vol.22 スパイラル(ジャンケンカードゲーム ファイブ!より) | トップページ | 【ゲームレポート】vol.24 イカサマージ! »

2012年1月27日 (金)

【ゲームレポート】vol.23 怪盗ジュエル!

メモ:プレイ日→2012.01.07
※写真を撮り忘れてしまったので次回遊んだ時に撮ってこちらに載せます。

秋のGMで買おうかどうしようか迷った挙句結局買わずに帰ってきたのですが、その後あちこちのレポートを見てやっぱり買えば良かったと後悔、帰ってきてから購入した品です。
バッティングゲームをひとつ持ってゆこうと思っていて、最初はハゲタカのえじきにしようと思ったのですが、持っているものが原語版で箱がでかい為にコンパクトなこちらを。

プレイヤーはそれぞれが怪盗になり、街路から宝石を盗み取ります。街路はA~Eと5つあり、怪盗はどの街路に行くか予告状で予告してから向かいます。

プレイヤーには5色でA~E、そしてGet!と書かれた予告状の中から1色選んで受け取り、ゲーム開始です。
テーブル中央にA~Eの街路を置き、よく切った宝石カードを各街路に並べます。怪盗達はその中からどれか一つの街路を選び、手持ちの予告状を一斉に裏にして出し、オープンします。

選んだ街路が自分一人であればその街路の宝石を貰うことができますが、他の怪盗とかぶってしまったら貰うことができません。宝石カードは数値(得点)が2、3、4、7とあり、更に手錠が描かれた-4があります。

注意しないといけないのは、手錠も含め全ての宝石は3枚揃わないと得点にならないということです。なのでどの得点にしても一度取ったら同じ点数を決め打ちで取らないと、持っている宝石カードの割に得点がいかないということになります。逆に言うと、手錠カードを取ってしまっても3枚取らなければ失点にならないということですね。

全員が予告状を出したらそれを表にし、かぶっていなければその列の宝石を、かぶってしまったら何も取れず次のラウンドになります。山札から5枚めくり、再度A~Eの街路に並べます。盗まれた街路には新たな宝石が、盗まれなかった街路にはそこに新たな宝石が加わります。

高得点の宝石は当然皆が狙っていますのでよくかぶります。かぶってしまった街路の宝石はそのまま残され、そこに更に新しいカードが加わります。なので最初に高得点が出た街路はかぶりまくりで何枚も重なることも。

そしてA~Eとは別に配られる予告状「Get!」ですが、これは「Get!カードを出しているのが自分一人だった場合、他怪盗の処理を全て済ませた後、街路の中で一番宝石の個数が多い場所の宝石を全て貰える」というカードです。バッティングゲームですので当然自分だけがGet!カードを出していなければ効果は発動しません。で、他怪盗の処理を全て終えてからというのもポイントで、さっき迄枚数が多い街路がかぶりまくっていたので出したら見事にバラけて、最終的には1枚の街路しか残らなかった、なんていうことも。

このGet!カードは自分は時々出していましたが両親と相方はいまいち使いどころが判らなかった様で、殆ど使用していませんでした。このカードもこのゲームの特徴だと思うのですけどねえ…。

こうして山札がなくなったらゲーム終了です。先述の通り、貰った宝石を3枚1組として点数計算し、合計が一番高かった人の勝ちになります。

高得点のところを外して確実に2番手を狙う人が複数いたり、高得点で重なりまくったところに手錠カードが来たりとジレンマがとても面白かったです。自分は着々と枚数を稼ぎましたが、稼いだついでに手錠も集めてしまったので得点が伸びず。手錠の-4は結構大きいですね…。

箱が小さく持ち歩きも楽ですし、手軽にできてジレンマも楽しめてとても良いですね。Get!カードも使いこなせるとかなり楽しそうです(自分は結構出した割に余り使いこなせていなかった)。

☆結果:父19点、母11点、相方10点、自分12点で父の勝ち。

|

« 【ゲームレポート】vol.22 スパイラル(ジャンケンカードゲーム ファイブ!より) | トップページ | 【ゲームレポート】vol.24 イカサマージ! »

【ゲームレポート】」カテゴリの記事

カードゲーム・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5927/53837273

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲームレポート】vol.23 怪盗ジュエル!:

« 【ゲームレポート】vol.22 スパイラル(ジャンケンカードゲーム ファイブ!より) | トップページ | 【ゲームレポート】vol.24 イカサマージ! »