« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 【ゲームレポート】vol.23 怪盗ジュエル! »

2012年1月25日 (水)

【ゲームレポート】vol.22 スパイラル(ジャンケンカードゲーム ファイブ!より)

メモ:プレイ日→2012.01.07
Sh3i0174
新年第一弾のゲームレポートは、昨年のGM(ゲームマーケット)で一番最初に購入した「ジャンケンカードゲーム ファイブ!」から「スパイラル」です。
新年の挨拶に自分の実家に行った際に持参しました。
このゲームの素晴らしい所はパッケージが小さく持ち歩きが便利ということと、これひとつで1~5人に対応したゲームが5種類もできるということです。って、八卦札といい自分こういうコスパがいいのが好きだなあ。

さて、今回はその中から「スパイラル」をやってみました。
このゲームは画像で見て頂くと判る通り、カードにはジャンケンのグーチョキパーのいずれかと、数字が書いてあります。(一覧表が人数分入っています。)
それを各5枚ずつ配り、手札を順々に出してゆき手札を早くなくした人が勝ちです。

最初は山札から1枚めくり、そこから開始です。最初は「アップ」から始まります。
「アップ」の場合は、数字は場札より大きく、且つジャンケンで勝っていなければなりません。数字は大きくてもアイコや負けだと出せない為、結構出せないことが出てきます。
出せない場合は山札から1枚引いて手札に加えます。この場合は今度は「ダウン」に変わります。(山札を引いた人はその手番では出せません。)
「ダウン」の場合は数字は場札より小さく、ジャンケンでは負けていなければなりません。
こうして上手いこと手札を減らしてゆき、手札をなくした人が勝ちです。
こう見ると運ゲーの様に見えますがそうでもありません。大きい数字や小さい数字をどのタイミングで出すか(次の人が出せないタイミングで出してアップダウンを変えることにより次の手番で出せる様にする)で戦略が変わってきます。逆に出せると思って用意していたカードが手前のプレイヤーによってアップダウンが変えられて出せなくなることも。

と、こう見ると以前酷評(?)したアップダウンとよく似ている様に見えますが、このスパイラルは「数字の大きさ」に「ジャンケンでの勝敗」も加わってくる為、予め手札を並べておくことができず、逆にそれが「手札を時間を掛けて並べ替える」という手間をなくしていてサクッとできて良かったです。
余りに頻繁に出せない手札が出てアップとダウンがコロコロ変わると「あれ今どっちだっけ?」となることもあるので、お手製で裏表アップダウンカードを作っておくといいかもしれません。

今回はスパイラルしかできませんでしたが、トリックスやアイコ等も楽しそうなのでまた次回持って行ってやってみようと思います。

そしてこのゲーム唯一の難点が「名前が長い」。(笑)「ファイブ」ってゲームは他にあったのかもしれませんが「ジャンケンカードゲーム ファイブ!」と一々書くのが面倒なので次回からは勝手に「JCF」とでも略して書こうかと思います(笑)。

※結果をメモっておくのを忘れてしまいました。すみません。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 【ゲームレポート】vol.23 怪盗ジュエル! »

【ゲームレポート】」カテゴリの記事

カードゲーム・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5927/53824290

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲームレポート】vol.22 スパイラル(ジャンケンカードゲーム ファイブ!より):

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 【ゲームレポート】vol.23 怪盗ジュエル! »