« 【ゲームレポート】vol.17 Null & nichtig(ゼロの恐怖) | トップページ | GM2011秋に行ってきました。 »

2011年12月 7日 (水)

【ゲームレポート】vol.18 MOW(モウ)

メモ:プレイ日→2011.11.19
Sh3i0157000102
お次はこちら、MOWです。先日横浜駅近くの中古アナログゲームショップさんで少し安く買うことができましたので早速持参。インターナショナル版なので箱が鳴きます。これで両親を驚かせられたので自分としてはそれでもう満足なのですが(笑)、ひとまずプレイしてみることにします。しかしこの箱、感度が良過ぎてセンサーの上を手が横切っただけで鳴くのでちょっと五月蝿いです(笑)。
ついでに書いておくと、このインターナショナル版、分厚い説明書が入っており、世界各国の言語で2ページずつ割いて説明が書いてある親切設計なのですが、日本語頁には「農夫2~10人用、7歳から77777歳まで遊べます」と書いてあります。農夫という表現は面白いですが、何故77777歳。

スタートプレイヤーを示す矢印カードを避けたら、各プレイヤー5枚ずつカードを配り、残りは裏向きで山札にします。
山札から1枚めくり、それを場札にしてそこから開始です。

ルールは至って簡単。場に出ているカードよりも数字が大きいものか、小さいものかがあれば出して1枚カードを引く。以上です。で、出せない場合は場に出ているカードを全て引き取らなければなりません。
出すカードは必ずしも場のカード±1である必要はなく、極端なケースだと場に8が出ていた場合、それより小さい数字としていきなり1を出すことも可能です。この場合、基本的に1より小さい数字はありませんので、次の人は自動的に8より大きい数字しか出せなくなります。特殊カードで割り込めるものもあるので、それを持っていた場合は8から1の間に割り込むことができますが、通常はできません。
牛カードは5種類あります。ハエがたかっていない牛(1~15各1枚ずつ)、ハエが1匹たかっている牛(2~14各1枚ずつ)、ハエが2匹たかっている牛(3~13各1枚ずつ)、ハエが3匹たかっている牛(7~9各1枚ずつ)、それから特殊牛(特殊な効果がある為必ずしも数字は書いていない、ハエが5匹たかっている扱いになり、6枚あります)、です。
このハエは、引き取った際に失点になります。なので、場札にハエ3匹がたかっている牛が多かったり、特殊カードの応酬でハエの数がえらいことになっている場合は極力取らない様にしたいところです。

山札がなくなったら、その時点で進行している列を誰かが引きとった時点でゲーム終了です。それぞれは引き取ったカードからハエの数を数え、一番少なかった人の勝ちです。
最終的に手札に残ったものはそれも引き取ったものとして扱います。ので、使い勝手が良いからと特殊カードを沢山残しておくと、それが1枚ハエ5匹として失点になります…。そろそろゲームが終わりそうだなと思ったら特殊カードを手札からなくしておくのが結構重要です。

ルールが簡単なので軽くでき、程良く盛り上がり楽しいです。ただ、特殊カードを覚えるのに両親は若干難儀しておりました。数字が書いておらず三角マークだけ記されている「うすのろ牛」(場に出ている数字が飛び飛びの場合はそこに割り込める)のは比較的すぐ覚えられましたが、数字と三角のマークが両方書いてある「曲芸牛」(場にその数字と同じ数字の牛が出ている場合のみそこに重ねられる)の扱いには最後まで慣れなかった感じです。それと、数字のフォントが凝り過ぎていて若干判りづらいです。

このゲームは裏が黒字に緑色で「MOW」とロゴが入っている緑セットと、黒字に黄色で「MOW」とロゴが入っている黄色セットがあり、緑セットと黄色セットを両方使うことにより大人数にも対応しています。黄色セットには緑セットには入っていない特殊カードも入っており、工夫されているなあと思います。

箱に仕掛けがある為に箱が少し大きいのが持ち歩きには不便ですが、軽く遊べますしルールの説明も簡単ですし、使い勝手の良いゲームだと思います。

☆結果:父→△95点、母→△84点、自分→△43点で自分の勝ち

|

« 【ゲームレポート】vol.17 Null & nichtig(ゼロの恐怖) | トップページ | GM2011秋に行ってきました。 »

【ゲームレポート】」カテゴリの記事

カードゲーム・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5927/53425867

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲームレポート】vol.18 MOW(モウ):

« 【ゲームレポート】vol.17 Null & nichtig(ゼロの恐怖) | トップページ | GM2011秋に行ってきました。 »