« 2008年(子年)お年玉付年賀葉書当選番号(自分用メモ) | トップページ | カードを自作してみた »

2008年1月28日 (月)

【ゲームレポート】vol.1 San Juan(サンファン)

Img_0960先週も一度相方とやってみたのですが、その時はルールもよく判っておらず、SSも撮らなかったので再度やってみました。

元々はPuerto Ricoというボードゲームをカード化したもので、それが更に人気になったので日本語化されたものです。

ゲームの目的は価値の高い建物を沢山建てること。手札は開始時4枚ですが、進行中に特殊効果によりかなりの増減があります。

カードとしては「生産施設」「それ以外の建物」の2パターンで構成されています。というかそれ以外のカードはありません。
面白いというかよくできているのは、カードが2パターンしかないにも関わらず、手持ちの際にはお金になり、生産施設に置かれる場合には商品になり、と様々に形を変えることです。これによって余計なパーツが必要なくなり、カードだけのすっきりしたゲームになっています。
正確に云うとカードだけではなく、役職を示すチップと、相場を示すチップがありますが少数です。

開始時にはまず「インディゴ染料工場」という生産施設と手札4枚が配られます。で、親の人は総督チップを貰い手番を開始します。
まずは中央に置かれた役職チップから1種類選びます。建物を建てる建築士、商品を生産する監督、商品を売却する商人、手持ちカードを増やす参事会議員、自分一人こっそり手持ちカードを増やす金鉱掘り、の5種類があります。
選んだら早速その役職を実行します。ポイントは全員が順番に実行できること。じゃあ何で一々選ぶかと云いますと、選んだ人のみ特権が与えられるからです。建築士なら建てる際の枚数が1枚少なくて済んだり、商人だったら1つ余分に商品を売却できたりします。
此処で最初にやった折には勘違いしていたのですが、生産の際には自分の目の前にある生産施設に商品が増える訳ですが、これは手札じゃなくて山札から追加します。確かに手札からじゃ余り意味のないコマンドですよねぇ。

それぞれの建物を建てるにはコストが掛かります。建物の上に書いてある数字がコストです。1~6迄あります。数字の大きいものは建てるのは大変ですが、メリットも多いです(勝利ポイントが高かったり、ゲームを進行してゆく上でかなり有利になったり)。このコストは手札から支払います。例えば4の建物を建てる際には、手札から4枚カードを捨て札にする、という具合です。

生産品を売却する際には相場の書かれたチップを裏返しにします。生産施設は5種類ありますが、それに対応した相場がチップには書かれています。それに相応した数のカードが貰えます。つまり生産施設が沢山あれば、それだけ売却した際の手札が増える、ということですね。

手番が終了したら次の人が役職を選びます。最初の人が選んだ役職は選べません。
これが一回りしたら総督が隣の人に移り、再度最初から繰り返しになります。

誰か一人が建物を12個建てたらそのターンで終了です。つまり、調子に乗って低得点の建物を建て続けていると勝利ポイントが余り貰えないということになってしまいます。

建物にはそれぞれ様々な効果があります。役職を選んだ時の特権が倍になるもの、一度建てた建物を取り壊して建て直せるもの(低得点をうっかり建てた場合、取り壊して高得点の建物を建てられる)、特定の建物を何種類か揃えると勝利ポイントがどかんと増えるもの、毎ターン手札から1枚勝利ポイントに回せるもの、等々。

と、若干ルールはややこしいですが、実際やってみるとそうでもなくて中々面白いです。最初の手札が4枚しかないというのがポイントで、最初手札に6の高価値の建物があってもいきなりは建てられないのですね。そこで生産やら売却やら金鉱掘りやら色々やりつつ、建物を建ててゆくことになります。

で、ルールの判った今回でしたが、前回は31対38と惜敗でしたが今回は61対76と惨敗。自分が要領を得た分相方も要領を得たようで、余裕で打ち負かされてしまいました(´・ω・`) しかも勝利方法まで伝授される有様。くー悔しい。

これはギルドホールと凱旋門の使い方がポイントだそうです。最初手札に生産施設が沢山あったら生産施設を建てまくってギルドホールとのコンボ、騎士像、勝利記念塔、彫像が2種類あったら凱旋門とのコンボ狙いだと高得点を叩き出せるみたいですね。
しかし建物にはそれぞれかなり魅力的とも思える特典がある為、ついつい他の建物を建てたくなってしまうのがまたこのゲームの罠…それ以外のやり方で勝てる方法も研究してみたいと思います。

そんな訳で余りまとまってなくてぐだぐだですがSan Juanのレポートでした。これで勝利したらバトルラインもやってくれるとのことでしたが惨敗の為バトルラインは来週に持ち越し。来週はバトルラインのレポートをSS付で載せる積りでいます。

|

« 2008年(子年)お年玉付年賀葉書当選番号(自分用メモ) | トップページ | カードを自作してみた »

【ゲームレポート】」カテゴリの記事

カードゲーム・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5927/17872573

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲームレポート】vol.1 San Juan(サンファン):

« 2008年(子年)お年玉付年賀葉書当選番号(自分用メモ) | トップページ | カードを自作してみた »